乾燥肌のときのクレンジング選びや使い方 - クレンジングで毛穴の汚れをキレイに

乾燥肌のときのクレンジング選びや使い方

subpage01

乾燥肌は一般的に肌のうるおいが失われて角層から水分が蒸発しやすい肌状態です。


肌のうるおいがなくなると粉のようなものが肌に出たり、ヒビ割れしてしまう人もいます。
乾燥肌のときには肌に余計な負担を掛けないことが一番で、クレンジング選びや使い方の見直しが必要です。
乾燥肌の場合にはクレンジングミルクやクリーム、石けん、オイルを使うとマイルドにメイクを落とすことができます。ミルクやクリームはテクスチャーがまろやかで摩擦による肌への負担を抑えることができます。

ただしミルクやクリームは洗浄力がマイルドなのでしっかりメイクには向いていません。
目元や口元のメイクは濃くなりやすいためはじめにポイントメイクリムーバーなどを使ってメイクを落としていきます。


クレンジングミルクやクリームを使って赤みが出た場合には、メイクを薄くしメイクを落とすときには石けんを使います。

クレンジング口コミ情報をピックアップしたサイトです。

石けんには界面活性剤が入っているため薄いベースメイクや日焼け止め程度は落とすことができます。


洗顔も同時にできるため汚れを落とすために肌を擦る回数を減らすことができます。

NAVERまとめの情報が必要なタイミングで手に入ります。

ただし、石けんは皮脂やホコリなどの水性の汚れを洗い落とし肌を洗浄にするため油性のメイク汚れを落とすためには作られていないため、しっかりメイクにはクレンジングを使います。
クレンジングや石けんを使わずにメイクを落としたい場合にはオイルがおすすめです。


使うオイルはオリーブオイルやホホバオイルで、メイクは油性が多いため同じようなオイルを使ってメイクを馴染ませて落としていきます。



オリーブオイルやホホバオイルを選ぶときには好みで選ぶことができますが、スキンケア専用のものや酸化しにくいタイプを選びます。